女性でも簡単にマスターできるベンチプレス

ベンチプレスは、マッチョな人が使う筋トレマシーンといったイメージがあります。しかし、筋トレには非常に有効な道具です。特に大胸筋をトレーニングする方法としては、もっとも適した器具がベンチプレスです。大胸筋を鍛えるのは男性と思われがちですが、女性こそその恩恵を受けるべきです。女性の場合は、大胸筋を鍛えることでバストアップの期待が大いに見込めます。一般的なバストアップは、胸の前で両手を合わせて、力を入れるというものです。しかし、この方法ではそれほど力を入れることが出来ませんし、バストアップの効果もわずかなものです。それに比べて、ベンチプレスはバスト周辺の筋肉を最大限に使うため、その効果は絶大です。それ以外にも同時に、上腕三頭筋が鍛えられるために二の腕が引き締まってきます。

バストアップと二の腕ダイエット

バストアップと二の腕ダイエットに効果がある筋トレですが、ではどのようにトレーニングするかです。バーベルを胸の位置から上げて下げるには、若干コツがいります。特に重要なのは、呼吸方法です。バーベルを上げる時に、ゆっくりと息を吐いていきます。トップまで上げた時に息を吸います。吸った直後から、バーベルをゆっくりと下げていきます。この動きは、出来るだけゆっくりと行うことで筋トレ効果が高くなります。ゆっくりと筋肉を使うことで、筋肉中の血流が制限されて乳酸がより多く発生します。運動により血中の乳酸濃度を上げることで、脳は「身体が異常に疲労しており、危険」と判断します。そうすると、脳内で成長ホルモンをいつも以上に分泌し、破損した筋肉の補修や疲労を緩和していきます。

バストアップだけではない、全身の美容にも効果有り

ベンチプレスでバストアップの説明をしましたが、バストアップだけでなく全身に効果があります。これは、前述の成長ホルモンによる効果ですが、破損した筋肉や疲労した部分だけの補修には留まらないということです。いつも以上に増加した成長ホルモンは、全身の細胞を若返らせる効果があります。美容外科では、高価な成長ホルモンを注射によって補充する治療があります。しかし、このような注射をすることなく成長ホルモンを増やせるのが筋トレなのです。また、成長ホルモンは体脂肪を下げる効果もあり、美容とダイエットが同時にできます。だからといって、筋トレを毎日するのは良いとは言えません。筋トレによる筋肉の破損後の超回復のために、中二日は空ける必要があります。ですから、1週間に2~3回のトレーニングが最も効果的な頻度になります。