ベンチプレスでスリムな身体になろう

スリムで美しい体を手に入れるために、ボディーメイクは欠かせません。無駄な脂肪を落とすことと同時に考えたいのは、適度な引き締め感です。ただ痩せているだけでは、しなやかで健康的なイメージを周りに与えることはできません。ベンチプレスは、数あるメニューの中でも特に有名な筋トレです。上半身を効率よく鍛えることに特徴があります。その中でも大胸筋は、この筋トレで鍛えることができる代表格です。大胸筋と言えば盛り上がったたくましい男性の胸板というイメージがありますが、女性にとっても、スリムで美しい身体になるためにとても重要な筋肉です。大胸筋を刺激し、引き締めることができれば、バストアップの効果が期待できます。バストが理想的な位置にあれば、あらゆる洋服を格好良く、綺麗に着こなすことができます。多くのモデルやタレントなど、美意識が高い人達がこの筋トレをトレーニングに取り入れていることからも理解できます。

筋トレ効果のたくさんのメリット

ベンチプレスを行うことで、大胸筋を効率よく鍛えることができますが、この筋トレではその他にもたくさんの筋肉を刺激することができます。胸の筋肉や肩の筋肉に加えて、皮下脂肪が多くタプタプになりがちな二の腕の裏などに刺激を与え、引き締めることが可能です。しかも、これらの筋肉を同時に、複合的に鍛えることができるので、自然なバランスを保ったまま引き締めることができます。体幹を鍛えることができるのも、この筋トレのメリットです。体幹は、正しい姿勢を保つためにとても重要です。体幹を含めた上半身全体の筋肉をバランスよく鍛えられるので、見た目にも美しいしなやかな身体になれます。大胸筋のような大きな筋肉を鍛えることは、基礎代謝の向上という意味でもメリットがあります。基礎代謝が上がれば、何もしなくても消費するエネルギーは増え、太りにくく痩せやすい体質になることができます。これもスリム化に近づくコツです。

ベンチプレスを行う際に注意すべきこと

この筋トレで効率よくスリム化を目指すため、また怪我防止のためにはいくつかの注意点があります。せっかくの運動を無駄にしないために守るべきポイントをいくつか挙げます。まずは運動を行う際の正しい姿勢です。胸の筋肉にフォーカスするためには、肩甲骨を寄せることが大切です。左右の肩甲骨の距離を縮めるようなイメージで行います。背中はアーチ状に反るような形になります。肩と腰を近づけるイメージです。この状態を保って行います。頭、肩、腰、両足の五点を、ベンチ台と床にバランスよく、左右対称につけるようにします。バーベルは乳首の上あたりで持ち、そのまま真上に上げ、下ろします。負荷を逃さないように、上げるときに肘を伸ばし切らないこと、下ろした時に胸の上にバーベルを置かないことが大事です。力を出し切った後でも安全性を担保するため、セイフティーラックは必須です。常に安全を心がけながらベンチプレスを行うことで、スリムで美しい身体を手に入れましょう。